【DIY道具徹底比較!】ダイソーの200円グルーガンとamazonの800円グルーガンって何が違うの?

みなさんこんにちは〜

はるのひDIY管理人のはるです(^^)v

この記事では

グルーガンを買いたい人
グルーガンを買いたい人

ちょっとしたDIYをやりたくて、最近ネットでよく見るグルーガンを試してみようと思うんだけど、ダイソーで売ってるやつとamazonで売ってるやつどっちがいいんだろう?

という方のために

DIYブロガーのはる
DIYブロガーのはる

ダイソーのグルーガンamazonのグルーガンを両方購入し使った管理人のはるが徹底比較!写真付きで詳しく解説していくのでぜひ最後までご覧ください!!

結論から言うと個人的に使いやすいなと思ったのは

amazonで購入した800円のグルーガンでした!

その理由を、それぞれの特徴を見ていきながら解説していこうと思います。

グルーガンをどんな用途に使うのかで

好みが分かれる部分もあると思うので、気になるポイントだけでもチェックしてみてください!

今回用意した比較対象のご紹介!

まずはこの記事で比較していく対象のグルーガンをそれぞれご紹介していきます!

ダイソーのグルーガン

まず一つ目が、100円ショップのダイソーから200円で販売されているグルーガン!

ホームセンターやamazonなどのネットショップなどでは1,000円近く値段がするものがほとんどなので

200円というのは驚きの安さですね…

また、グルーガンに装着して使うグルースティックもダイソーでは購入でき

こちらは100円で20本購入することができました!

amazonで購入した800円のグルーガン

そして今回ダイソーのグルーガンと比較するのは

こちらのグルーガン!

選んだ決め手は、amazonの中で最も安くなおかつパッケージがちゃんとしていたから。

こちらのグルーガンはコンセントに繋いで使うタイプなのですが

もう少し金額を出せば、コードレスの電池駆動方式のものもありました。

そうした種類の豊富さも選んだ決め手です。

使用するグルースティックはダイソーで購入できる7.5mmのグルースティックが使用できます。

それでは実際に使用して比較していきましょう!

比較1:グルーガンの温まる速さ

比較項目一つ目は

グルーガンの先端部分(グルーが出てくる部分)温まる速さの比較です!

温まる速さが早ければ早いほど早く作業に取り掛かれるので高評価です。

比較の仕方は

今回選んだ二つのグルーガンはどちらともコンセントを挿せば温まり始めるものですので

同時にコンセントを挿して秒数を測りたいと思います!!

また、タイムは電源を挿してからグルーガン先端部分にグルーが垂れてくるまでのタイムを測り比較していきます。

ストップウォッチをセットして、いざスタート!

なんと!ダイソーのグルーガンは約2分で先端からグルーが垂れてきました!

一方のamazonはというと

7分ほど経ってこのくらい垂れてきました。

これはもう準備OKなのか?というくらい微妙な垂れ方でしたが、うっすらグルーが踏ん張っているのがわかったので

結果はダイソーが2分、amazonが7分強ということになりました。

正直この結果には意外でした。

値段の高いamazonの方が早く準備ができるとは!!

やはりものの価値は値段では決まらないのか…?

比較2:先端から出てくるグルースティックの粘度

次に先端から出てくるグルースティックの粘度について比較していきます。

グルーの粘度が高ければ高いほど、グルーが固体に近い状態ということなので

接着物につけてもすぐに固まってしまいます。

グルースティックはある程度早く固まることも重要ですが

あまりにも早く固まってしまっては、対象物を接着する前にグルーだけ固まってしまうので意味がありません。

よって、ある程度液体に近い状態で出てくるのが理想と言えるでしょう。

今回は温まったグルーガンの先端から出てくるグルーの透明度を見比べて比較していきます!

まずはダイソーから!

若干濁った液体が出てきましたね。

比較対象がなければ、これがグルーガンなのかという感じの色味ですね。

垂れたグルーを見てみると水のように広がっていくわけではなく

その場に積もっていく感じでしたので、結構すぐ固まるイメージでした。

続いてamazon!

ん?

気のせいか透明度が全然違う気が…

いや、これは気のせいではない。

明らかに透明度が高い

そして、垂れていくグルーを見ていると

ダイソーのものと比べて少し水っぽい広がり方をしていました。

グルーガン本体の先端部分も軽く触ってみた感じamazonの方が少し熱く感じました

先端部分が熱い方がグルースティックを溶解しやすいので

出てくるグルーはamazonの方が使いやすいのは間違いなさそうです!

これが値段の差ということなのでしょうか。

比較3:グルーが出てくる速さ

比較3つ目は、温まったグルーガンからグルーが出てくる速さです。

大きいものを接着したい時やある程度面積が大きい面どうしを接着する時

どうしてもグルーの量が必要になっていきます。

その時に重要になるのが、グルーをいかに素早く接着面に塗布できるかです。

今回はそれを3秒間にどれくらいの長さグルーを塗布できるかで検証していきたいと思います!

まずは、画像のようにペットボトルを用意し

ダイソーのグルーとamazonのグルーの塗布面積を比較するため縦に二等分するように線を引きます。

このペットボトルのそれぞれの領域にグルーを塗布していき、その長さを測り比較をしていきます。

結果はこちら。

少し汚いですが、amazonのグルーガンの方がダイソーのグルーガンよりも

長い距離塗布できています。

また、隣で交互に見ていてわかったのですが

やはりamazonのグルーの方が透明度が高く、より液体に近い状態で塗布することができるので

左のダイソーのグルーは同じ場所にグルーが固まっているのに対し

右のamazonのグルーの方が薄く長く塗布することができています。

グルーガンの用途は接着することにありますので

より少ない量で確実に接着することが重要です。

グルーが同じ位置に固まり厚みを作ってしまっては意味がありません

また使っていてもamazonのグルーガンの方が、グルーがスーッとグルーガンから離れていくので

素早く薄く塗布することができました。

使い勝手の意味ではamazonの方がやはり使いやすいですね。

比較4:待機中のグルーの垂れ方

最後の比較は

グルーガンを使わない待機中にグルーガンからどのくらいグルーが垂れてくるのか

を比較していきたいと思います!

DIYをするときにグルーガンを使って接着をすることが多々ありますが

工程の中の一回だけグルーガンを使うわけではなく

グルーガンを使う工程の間に2〜3工程ほど挟むのが一般的です。

そんなDIYの現場では、グルーガンを使わない間に

どのくらいグルーが垂れてしまうのかということは非常に重要になってきます。

少し目を離した隙に先端が溶け出したグルーでドロドロになってしまっては

作業に支障をきたしてしまうからです。

そこで最後は1分間でどのくらいの量がグルーが垂れてしまうのかを比較していきたいと思います!

比較1の時のように隣どうしで並べてどれくらいトレーにグルーが垂れてしまうかを比較します。

1分経過後

ダイソーのグルーガンからはかなり漏れ出してしまい下に固まりができてしまっています。

一方隣のamazonのグルーガンは先ほどまで使用していたにもかかわらずほとんど一滴も垂れてこなかったのです。

しかし、垂れてこないから準備ができていないわけではなく

おそらく先端の構造がダイソーのものよりもしっかりと作り込まれていることで

不用意にグルーが外に漏れ出さないようになっているのだとわかりました。

比較1でダイソーのグルーガンの方が早く漏れ出してきたのは

以上のことが原因だと考えられます。

このあともう一度それぞれのグルーガンを使って塗布をしてみたところ

やはり比較3と同じくamazonの方が塗布がしやすかったです。

まとめ:価格差は性能の差だった。

みなさんいかがでしたでしょうか。

なんとなく結果はわかっていましたが

改めて比較をしてみるとその差は歴然でした。

もちろんダイソーのグルーガンが全く使えないというわけではなく

初心者などのグルーガンを使用することに慣れていない人には

正直使いづらくすぐにグルーが乾いてしまうのであまりおすすめはできない結果になってしまいました。

以上の結果を踏まえて冒頭でも書きましたが、個人的には

多少高くても、amazonのグルーガンを購入することをおすすめします。

実際私も初めはダイソーのグルーガンを購入し利用していたところ

初めてということもありなかなかうまく扱うことができず

グルースティックを大量に浪費してしまいました…

ですが、やはり200円という価格はダイソーの大きな強みなので

とにかく安く始めたい!

という方はダイソーのグルーガンを使ってみるといいと思います!!

また、グルースティック自体はamazonでも購入できますが

amazonに掲載されている商品は100均の3〜10倍ほど値段が高いので

消耗品であるグルースティックは100均のものでいいのかなと思いました!

段ボールやペットボトルを使った小物DIYから

木材を使った大きいDIYまで幅広く活躍の場があるグルーガン。

DIYをやっていく上で必須のアイテムになっていくので

ぜひどんどん使っていきましょう!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

↓今回使用したamazonのグルーガンはこちら↓

↓↓おすすめのDIY記事はこちらからどうぞ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました