【100均DIY】コンロ脇に100均で買える部品だけで調味料ラックをDIYしてみた!

どうもみなさんこんにちは〜

管理人のはるです(^^)v

この記事では

調味料の置き場所に困っている人
調味料の置き場所に困っている人

調味料って常に使うから棚とかにしまいたくないし、かといってずっと出っ放しだと汚いしで、賃貸で壁に穴とかも開けられないから収納する場所に困っているんだよね…

という方のために

DIYブロガーのはる
DIYブロガーのはる

100均で買えるものだけで誰でも簡単に調味料ラックを作れる方法をご紹介!

特殊な道具もスキルも必要ないからDIY初心者さんでも気軽に試してみてください!!

今回の難易度は☆(簡単)〜☆(難しい)でランク付けすると

一番簡単な☆です!

本当に材料だけで簡単にできるのでぜひやってみてください!!

用意するもの

まずは材料のご紹介!

今回は100均の中でもダイソーで買えるものだけで簡単にDIYをしていきます!

材料はこちら

一つずつご紹介していきますね!

①ジョイントラック用棚×2個

まずはラックの一番大事な棚!

ダイソーで販売されているジョイントラックシリーズがあり、その中でも棚の大きさがいくつかあります。

今回は、コンロ脇の幅が小さいスペースにおけるラックを作りたいので

小さめの30cm×15cmのものを二つ使います!

カラーもシルバーとブラックなど何種類かありましたが

台所に合うシルバーを選びました!

カラーや大きさはご自身のスペースがどのくらいあって

どのくらいのものを置きたいかで調整していただければ

自分に最適なものを作れるので

材料を買う前に、ご自宅のキッチンの寸法などを図っておくことをおすすめします(^^)v

お値段は一つ110円(税込)なので、二つで220円ですね!

②ジョイントラック用ポール×4

続いて2段のラックを作る上で最も重要なのがこのポール!

狭いスペースに調味料をたくさん置くための必殺アイテムです!!

今回私は2段のラックにしたので4隅につけるようとして4本購入しましたが

これを倍の8本購入すれば3段のラックを作ることができます!

ただし、ラックの耐荷重が10kgしかないので

調味料を乗せるラックとして使うのは2段くらいをおすすめします。

二段でも十分スペースが作れて、調味料もたくさんおけるので

材料費的にも2段にしておくのがベストでしょう^ ^

お値段は一本110円なので、全部で440円でした。少し高い…

③ジョイントラック用固定部品×2袋(1袋4個入)

そして必須アイテム最後は棚とポールを固定するために使う専用の固定部品です。

先程ご紹介した棚とポールをよくみていただくとわかるのですが

ポールの直径に比べて、棚の穴の直径がだいぶ大きくなっているんです。

この固定部品を使わなければポールは棚をすり抜けてしまうので

しっかりと好みの高さで固定ができるように、固定部品をポールに取り付ける必要があります。

こちらの固定部品は色はおそらく一種類のみでした。

ただ、最終的に棚の穴の部分にすっぽり埋まってしまうので色は気にする必要はないでしょう。

2段のラックを作る場合、各ポールに二つずつこの部品が必要になるので

4個入を2袋購入する必要があります。

こちらもお値段は1つ110円なので、合計220円です。

④ゴムハンマー(あると便利だけどなくても余裕で作れます)

最後にご紹介するのは、あると何かと便利なゴムハンマーです。

一応、販売元のダイソーが必要なものに挙げているので紹介はしましたが

実際に作ってみた感じ、全くと言っていいほど使いませんし、なくても余裕で作れます。

ただ、今回のDIYに限らずDIYをする際にあると何かと便利なアイテムなので

これを機に買っておくというのはアリかもしれませんね(^^)v

私はAmazonで購入しましたが、ダイソーなどの100均でも販売されていると思いますので

見つけたら一緒に買っておくといいですよ♪

作り方簡単3ステップ

それでは作り方に参りましょう!

今回も簡単3ステップでご紹介!!

ステップ1:ポール下部に固定部品を取り付ける

まずは、ポールの下側に固定部品を取り付けていきます。

この時に注意してほしいポイントが、ポールの上下です。

実はこのポール、上画像のようにポール部分と足の部分の二つの部品で構成されており

足の部分はネジでポールに取り付けられています。

なぜ、このようになっているかというと

ステップ3でもご紹介しますが、ポールをラックに取り付ける時にどうしてもポールの高さにズレが生じてしまうので

その誤差を調整するためのアジャスターとして機能するようにネジの部品で回すと高さが調整できるような仕組みになっているんです。

また、今回は作りませんが別売のキャスターなどを購入することでキャスターラックを作ることもできるので

その時のキャスターを取り付けるネジ穴にもなるようにカスタマイズできる使用になっています。

ということでこのネジの足部分がついている方が下になりますので

一番下についているポールの溝に、固定部品を合わせてはめていきます。

4本つけるとこんな感じ。

固定部品にも上はこっち↑と書いてあるので、その通りにつけます。

ステップ2:棚の四隅にステップ1のポールを通して傾きを調整する。

ステップ1で作ったポール4本を、棚の四隅の穴にはめ込んでいきます。

この時に注意するポイントが、棚の上下です。

棚は上画像のように片面に反りがついています。

ラックなので、調味料が落ちないようにこの反りがついている部分を上にしたかったのですが

画像のように、ポールを通す穴にも傾斜がついており、これによって固定部品がハマる機構になっているので

反りのついている部分を下にするしかありませんでした。

この棚の上下を間違えてしまうと一生ラックが完成しないので注意してください。

棚の上下がわかったら、四隅の穴に固定部品をつけたポールをはめ込んでいきます。

完成したのがこちら。

いよいよラックっぽくなってきましたね!

ステップ3:ポール上部に固定部品を付け上段の棚を取り付ける。

ステップ2までできたら、あとはステップ1と2の作業を繰り返すだけ。

ステップ1同様に、今度はポールの一番上の溝に合わせて固定部品を取り付けます。

ここまでできたら今度はステップ2同様また棚をはめ込んで完成です!

見た目はこれで完成なのですが、ステップ2のはめ方次第で

微妙な傾きが生じている可能性があります。

傾きがあるかどうかは

このように、四隅それぞれを指で押してみて

ラック全体が傾くかどうかでどこの足の長さが足りていないかわかります。

どこか一つでも傾けば、そこの足の長さが足りないということなので

ここのネジを回して高さを調整しましょう!

これで傾かなくなれば完成です!!

実際に置いてみた

実際にコンロの脇に置いてみるとこんな感じ!

以前はこのスペース全て使って調味料を置いていたので

火で熱くなったり汚れが飛んでしまったりと色々不便でしたが

長さが思った以上にコンパクトなので、場所も全然取りません!

コンロからも距離を取れる位置に設置できたのでとてもいいですね!!

ただ、下の段は20cm程の高さしかないので

背の高い醤油や油などの調味料は上段に載せるしかなさそうです。

全部載せてみるとこんな感じ。

前はコンロ脇を埋め尽くしてしまっていた調味料たちですが

ラックを使うと、ラックにもまだスペースに余裕があるくらいの収納力!

最初に材料を見た時はましになるくらいで載せれないものもあるかもなぁ

と思っていたのですが

想像以上にラックの収納力があり、一つ置くだけで台所周りがスッキリ片付きました(≧∀≦)

まとめ:身近なところからDIYを始めよう!

みなさんいかがでしたか?

今回は難易度☆の簡単100均DIYをご紹介しました!

キッチンの形によって余剰スペースが様々ですが

このように、ちょっとした隙間でも活用できるのが

DIYのいいところです!!

みなさんもぜひ、家の隙間を見つけてぴったりで実用的な

DIYを試してみてはいかがでしょうか( ^∀^)

このブログでは他にも生活が豊かになるDIYを多数ご紹介しています!!

今回のように100均で買える部品だけでできるものから

ホームセンターで木材を買うところまで

難易度を☆〜☆☆までで分類分けしてご紹介していますので

よかったらぜひ見て見てください!

↓DIY記事はこちらからどうぞ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました