【閲覧注意】もしはるがお金があったら買っている高級車をただ語ってみた

みなさんこんにちは〜こんばんは〜

クルマ大好き

でもまだ買えない

凡人サラリーマンのくまをです^ ^

この記事では

ただただ私の妄想

もしお金があったら買っている高級車

をご紹介します。

しばしの間、お付き合いください。

さあ、妄想のスタートです。

ある日くまをはお金持ちになった

〜これは近い将来のある日のこと(願望)〜

くまをは副業が大当たり。

今ままでのサラリーマンの収入では想像もつかない

キャッシュフローが毎月舞い込んできていた。

あまりの収入の違いに驚き

急に生活水準を変えていくことも危険だと感じたくまをは

ついに浪費を諦め

投資信託などの金融商品をひたすら買い漁るようになった。

そこからは狂ったように

稼いだお金を金融商品へとぶち込みまくり

着々と純資産額を膨らませていったのだった。

そんな中、ついに総資産が1億円を超えたある日のこと

”ふぅー、ここまでよく頑張ってきたな。そろそろ自分にご褒美をあげよう!”

と今ままでの投資のおかげで生活に安定感がでたくまをは

自分にご褒美を買ってあげることを思い立った。

しかし、ここまで稼いだお金を投資に回すしか脳がなかったくまをは

全く物欲というものがなくなっていた。

”困ったな、ご褒美と言っても特に欲しいものがないな…”

お金持ちになる前はあんなにも欲しいものがあったはずなのに

その気持ちはどこへ行ってしまったのだろう…

ここからくまをの物欲を取り戻す日々が始まったのだった。

お金の使い道を考える

物欲

それは本来持って生まれたはずのものだった。

特に自分の手に届かないものほど欲しくなり

手に入れることが出来ないことに絶望

それでもそれを目標に頑張る

そんな人間の原動力だ。

ただ今の自分はどうだろう

あの頃憧れていたもの

原動力になっていたものたちはどこに行ってしまったのだろう

欲しかったものを手に入れることができる力を手に入れた途端

この力を失うことが怖くなってしまった。

いつしか目標のために頑張るのではなく

力を維持し続けるために生きている

そんな人間になってしまっていた。

自分へのご褒美を考えていなかったら

今頃どうなっていただろう

お金のためにいき

お金のために死ぬ

そんな辛く寂しい人生になっていただろう

あの頃の気持ちを取り戻さねば!

そう思い、昔の自分の写真を見始めた

当時の自分の写真を見れば

あの頃の情景が思い浮かび

思い出とともに物欲も取り戻せるのではないか!

しばらく遡って写真を見ていると

先の見えない果てしない海の中

ついに一筋の光が見えてきた

俺は、旅行にいくことが好きだったではないか!

でも旅行はすぐにできるわけじゃないし

今すぐに満たせる物欲ではない…

じゃあ何か旅行で楽しかったことを考えてみよう!

ウィンドウショッピング

観光

ドライブ

ん?

ドライブ??

そうだ、

なんで忘れていたんだ…

あんなに小さい頃からクルマが好きで

免許をとった時にはめちゃくちゃ嬉しくて

レンタカーじゃないとクルマを運転出来なくて

いつか必ず高級車を一括で購入するんだと誓ったのに!!

今からでも遅くない!

あの日夢みた高級車を手に入れるんだ。

今なら選び放題だ!!

ここからくまをの自分へのご褒美が高級車に決定し

どのクルマを買うかを決めていくことになった。

君に決めたやっぱりこのクルマが欲しい

ようやく失われた物欲を取り戻し

高級車を選ぶことになったくまを

とは言っても

世の中には高級車と呼ばれるクルマはたくさんある

そしてその形もさまざまだ。

スポーツカー・クーペ・セダン・SUV・ミニバン

どのタイプのクルマが欲しいかでブランドも変わってくるだろう

私は昔からずっとレンジローバーに憧れていて

いつかあんなSUVを乗りこなしたいと思っていた。

そしてサラリーマンになったあの頃(現実の私)

5人が快適に乗れる大型だけどフォルムが美しい

レクサスRXに憧れていたことを思い出したのだ。

出典:レクサス公式サイト

レクサスにはそれぞれの車種にフラッグシップモデルというのが存在していて

フラッグシップモデルにはそれぞれラグジュアリーのLが名前に組み込まれている。

レクサスのSUVラインナップでのフラッグシップモデルはLXという名前で

出典:レクサス公式サイト

このイカつさなのである。

もちろん内装はそれはもう豪華で

まさにフラッグシップモデルという感じなのだが

昨今のSUVブームにおいて流行りのコンパクト感が皆無で

オフロード専門!みたいな顔つきのため

私はあまり好みではない。

その点、ワンランク下のグレードであるRXシリーズは

都会派の顔つきで、サイズ的には十分大きいはずなのに

流線型のボディラインで、その大きさを感じさせない。

これぞまさに私の欲しかったSUVだと

改めて思ったのであった。

このRXと一緒にいろんな場所に出かけたい

たくさん乗って、車の中でも過ごして

これからの人生をゆたかにしていくんだ

そんなことを考えながら

RXを購入した

夢をみたくまをだった。

現実に戻ったくまを

みなさんいかがだったでしょうか。

くだらない妄想をつらつらと書いてしまいましたが

楽しんでいただけたでしょうか。

そう、私は今

お金があったら、レクサスのRXが欲しいんです( ;∀;)

新車価格が700万以上もするので

到底手に入れられない車なのですが

いつか必ず手に入れたいと思います(T ^ T)

その時にはこのブログでご紹介出来たらいいなぁ

諦めずにブログを書いていきますので

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

くだらない妄想に

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

次回は真面目に記事書きます笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました