【車の豆知識】車のグレードを選ぶ時のFFとか4WDってどういう意味?

みなさんこんにちは〜こんばんは〜

車大好きブロガー

凡人サラリーマンのくまをです^ ^

この記事では

車のグレード選ぶ時にFFとか4WDとか書いてあるけどあれってどういう意味なの?

なんとなく意味はわかるけど実際どう違うの?

という方のために

FF・4WDの意味

これでグレード選択に迷わない!実際何が違う?

をご紹介します。

FF・4WDは駆動方式

まずはクルマのグレード選択の時によく書いてある

FFとか4WDなどの意味をご紹介していきます。

タイトルにもあります通り

この二つはそれぞれクルマの駆動方式を表しています。

FFは前輪の2輪を駆動してクルマを動かす駆動方式のことで

4WDはクルマの前後輪全てを駆動させてクルマを動かす駆動方式のことです。

よく四駆(よんく)と呼んだりしますね!

ちなみに

ここでは2輪駆動の例としてよくみるFFという駆動方式をあげていますが

2輪駆動方式には2種類の駆動方式があります。

それは

  • 前輪を駆動してクルマを動かす
  • 後輪を駆動してクルマを動かす

の2種類です。

それぞれFF・FRと呼ばれて表記されることが多いです。

ではFFとFRってどういう意味なの?

となると思いますのでご説明しますと

FF:フロントエンジン(F)フロントドライブ(F)

FR:フロントエンジン(F)リアドライブ(R)

Fはフロント(前方)、Rはリア(後方)をさしていたんですね!

そして最初のFはエンジンの位置をさしており

後ろのF・Rは駆動輪がどちらかを示している表記になっています。

今回あげたのはFFとFRだけですが

実際にはエンジンの位置が

車体の真ん中にあるM(ミッドシップエンジン)

車体の後方にあるR(リアエンジン)

なども存在するそうです。

2輪駆動では前輪後輪のどちらを駆動輪にするかで

走り方に影響が出てきますので

それぞれ用途やクルマのブランドからどういう走りをさせたいかの味付けをするために

さまざまな駆動方式が取られているそうです。

駆動方式で何が変わるの?

それではそんな駆動方式で何が変わるのか?

というところをみていきましょう。

先ほども意味はご説明しましたが

車の駆動方式は主に次の5つと言われています。

  • FF(フロントエンジンフロントドライブ)
  • FR(フロントエンジンリアドライブ)
  • MR(ミッドシップエンジンリアドライブ)
  • RR(リアエンジンリアドライブ)
  • 4WD(四輪駆動)

それぞれに特徴がありますが

今回は一般的な用途という点に注目して特徴を見ていきたいと思いますので

これらの駆動方式の中から幅広く採用されている

FF・FR・4WDの特徴についてご紹介したいと思います。

FF(フロントエンジンフロントドライブ)

こちらはタイトルにも使っているくらいなので

一般的な自家用のクルマの駆動方式として幅広く採用されています。

特徴としては

フロント側にエンジンと駆動輪というパワートレインを集中させていることで

  1. 室内空間を広くするレイアウトを構成しやすい
  2. 製造する際の部品点数を少なくできるためコストを抑えられる
  3. 直進する際の安定感が高い
  4. 駆動輪の上にエンジンがあるためスリップしにくい
  5. エンジンから余計な部品を通して駆動力を伝える必要がないので燃費がよくなりやすい

といった特徴があります。

またデメリットとして

  1. 車体前方に主要部分を詰め込んでいるため車体構造が複雑化しやすい
  2. 瞬間的な加速の際に駆動輪である前輪が少し浮いてしまうことで加速が鈍くなる
  3. スピードを維持しながら曲がるのが難しいためカーブで外側に膨らみやすい
  4. 駆動輪の上に重いエンジンがあるためハンドルが重くなりやすい

といった特徴もあります。

一般的な乗用車に広く採用されている理由として

1と2と5の特徴が起因していると考えられそうですね。

この駆動方式が合う人はクルマの走りにそこまでこだわりがない方全員といったところでしょうか。

基本的にクルマは移動のための手段と思っている方はこちらで必要十分と言えるでしょう。

FR(フロントエンジンリアドライブ)

FFの次によく採用されているのがこのFR

特徴としては

  1. クルマの主要パーツを前方と後方に分散しているため車体構造が簡易化しやすい
  2. 駆動輪が後輪のため瞬間的な加速がしやすい
  3. 車重が前方と後方にフラットに配分されるためコーナリング性能が高い
  4. フロント部分の部品を少なくできるのでハンドルがFFより軽い

といった特徴があります。

またデメリットとしては

  1. エンジンから後輪に駆動力を伝えるための部品を床下に配置するため車内空間が狭くなる
  2. FFに比べて部品点数が増えるため価格が高くなりやすい
  3. 駆動輪である後輪に車重が集中しないため前輪より後輪のグリップが弱くなりスリップしやすい

といった特徴もあります。

このような特徴から車体のコンパクトさや価格を気にしなくていい

高級セダンやスポーツカーに採用されることが多いようです。

また商用のトラックには基本的にこのFRの駆動方式をとることが多いそうです。

走りの質感を求める方はこちらの駆動方式のクルマの方がいいでしょう。

4WD

最後に四輪駆動になります。

四輪駆動ということで結局全部のタイヤが駆動輪ということになります。

そのため一部メーカーでは4WDのことを

AWD(オールホイールドライブ)と呼称するところもあります。

特徴としてはその名の通り全部のタイヤを使ってクルマを動かしていくので

悪路のようなタイヤのグリップが安定しない道でも走行ができる

という点が挙げられます。

またデメリットとして

基本的に燃費が悪く価格が高い

という点が挙げられます。

また基本的に四輪駆動と言っても常時全輪を動かしているわけではなく

必要な時にドライバーが四駆モードを選択すると四輪駆動になるというクルマがほとんどで

2輪駆動時の駆動方式に基本性能は影響されるので

ベースグレード(4WD以外)どの駆動方式かを確認しておく必要があります。

雪道や山道のような舗装されていない道路をよく利用する方

とりあえず4WDにしておくというのが安全上いいと思います。

街乗りではあまり4WDモードを利用することはないと思いますが(燃費が悪くなるので)

街乗りでも走りを重視したい方は選んでもいいかもしれません。

あとはお財布と相談ですね笑

まとめ:用途にあった駆動方式を選ぼう!

みなさんいかがだったでしょうか。

今回は少しマニアックなお話でした。

実際これを書いている私は今現在車を購入したことがありません。

しかしこのような知識がないと初めての車購入で悔いを残してしまうかもしれません。

好きなことの知識はいくらでも身につけられるので

一見無駄に見える知識でも身につけておくことは大事だと私は常日頃思っています。

今後もそんな一見無駄に見えるけど役に立つ情報をお届けできるように頑張っていきますので

これからも応援よろしくお願いいたします!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました