【紙袋リメイクDIY】紙袋とリボンで簡単おしゃれなティッシュケースの作り方♪

みなさんこんにちは〜

管理人のはるです(^^)v

今回は

紙袋をつい集めてしまう人
紙袋をつい集めてしまう人

ブランドの紙袋とか気に入っているデザインの紙袋が邪魔だとわかっていてもどうしても捨てられなくて…

何かいい活用方法とかないかな…

という方のために

DIYブロガーのはる
DIYブロガーのはる

紙袋コレクター必見

お気に入りの紙袋をティッシュケースにして、生活を彩ろう!!

DIYやったことないよ(>_<)

という方でも簡単に作れるので、最後までぜひ読んでみてください!!

準備するもの

まずは材料のご紹介!

①お気に入りの紙袋

まずは!というよりもこれが材料です笑

紙袋と持ち手のリボンや紐を使ってティッシュケースを作っていきます!

紙袋はお気に入りのものであればなんでもOKです!

できれば、少し硬めの紙袋の方がしっかりとして、形も崩れないのでおすすめです♪

②リボン(ない方は紙袋の持ち手を切ったものでもOK)

こちらはあってもなくてもいいのですが

紙袋によっては、持ち手の部分も紙でできているものもあるので

できれば上の画像のようなナイロンでできた紐のようなものか

細いリボンがあるととても綺麗に仕上がります!

私は今回リボンを持ち合わせていなかったので持ち手の部分を再利用して使いました

穴に通せる細めのリボンであればなんでも大丈夫なので

お気に入りのデザインにカスタマイズしてみてください♪

また、画像のようにひもが玉結びされて袋に固定されている場合は

紐を切って取り除かず、できるだけ玉結びを解いて使ってください!

後で長さが足りないっという状態に陥らないように気をつけてくださいね(^^)v

③ハサミ

そして三つ目は

今回紙袋をティッシュケースに形作る上でメインで使う

ハサミです。

ハサミを使って紙袋の高さとティッシュの取り出し口の高さを調整するので

カッターではなくハサミを使ってください!

カッターしかない方はカッターでも構いませんが、とても切りづらいと思います…

④1穴パンチ(2穴パンチでも可)

最後は、一穴パンチ

こちらは、高さを調整した紙袋に紐(リボン)を通すための穴を開けるのに使います。

穴が開けられればなんでもいいので

家に二穴パンチ(穴あけパンチ)しかない方はそちらの片側を使ってもできます。

どちらもない方は、細い針のようなもの(きりなど)があれば穴を開けられなくはないですが

結構大変な上に滑って手を怪我してしまう恐れもあるのであまりおすすめしません…

一穴パンチも二穴パンチも100均で簡単に購入できる商品なので

これを機に揃えておくのも悪くないと思いますよ♪

作り方簡単3ステップ

それでは作り方を簡単3ステップでご紹介!

ステップ1:紙袋の短辺の真ん中に切り込みを入れる。

まずは紙袋の高さを、ティッシュが取り出しやすい高さに調整するために

少し背が高い紙袋に切れ込みを入れていきます。

切れ込みを入れる位置は、紙袋の短辺の中心の折り目の部分(上画像参照)。

ここに切れ込みをどのくらい入れるかで高さを調整していくので

初めは短めに入れて、足りなければ追加で切り込みを入れていきましょう

長さを測ったりする必要はないのでざっくりでやっていきましょう♪

また、切れ込みを入れたらステップ2に行く前に

持ち手部分の紐を取り除いておきましょう

結んであるタイプの場合は前述した通り解いて、糊で固定されているタイプであれば切ってしまいましょう。

ステップ2:ステップ1で開けた切り込みを使って紙袋を折り込み高さを調整する。

切り込みを入れれたら、切れ込みの部分まで紙袋を折り込んでいきましょう。

折り込んだ状態を上からみるとこんな感じ。

正面から見るとこのようになります。

一度折り込んでみたら、紙袋の中にティッシュを入れてみて

ちゃんと中のティッシュを取り出せる高さにできているかを確認します。

上手く取り出せないようであれば、ステップ1に戻り切り込みをさらに深いところまで入れて再調整してみてください。

高さが調整できたら次のステップ3へ!

ステップ3:紙袋の口を閉めるための紐を通す穴を開け、紐を通して結ぶ。

最後は、紙袋の口(ティッシュが出てくる部分)を閉めてケースを完成させます。

ティッシュが無くなった時に簡単に交換することができるように口は開け閉めが簡単

かつ閉めた状態でしっかり固定できるようにしなければいけません。

そのため、このティッシュケースでは紐もしくはリボンを使って口を閉じていきます。

ステップ3では、穴を開けて口を開け閉めできるよう紐を通していきます。

まずは紐を通す穴から開けていきましょう。

このように一穴パンチを使って穴を開けて行くのですが

穴を開ける位置はなるべく外側(上画像のように紙袋が4枚重なる場所)にしてください。

このような位置に開けることで、紐を通して結んだときに横からケースを見ても綺麗に見えるようになります。

穴を開けたら次に口を閉じるための紐(リボン)を通していきます。

持ち手を使う方は、持ち手一本分だと紐の長さが短いものが多いので

画像のように2本の紐を両側の穴それぞれに通し、紐の片側を玉結びで留めます

留めた方と逆側の紐同士を蝶結びで結び、形を整えたら完成です♪

まとめ:身近なところにお気に入りを増やして生活を豊かに♪

みなさんいかがでしたか。

今回はお気に入りの紙袋をおしゃれに生活に取り入れる

ティッシュケースリメイクをご紹介しました!

紙袋は凝ったデザインのものが多くて

物を入れるだけの役割にしておくのは少しもったいないなぁと日頃から感じていたので

紙袋をDIYでリメイクしていくレパートリーをこれからも増やしていきたいと思いますので

ぜひこれからもはるのひDIYに遊びにきてくださいね(^^)v

役立つ情報満載でお待ちしております♪

最後までご覧いただきありがとうございました!!

↓おすすめの紙袋DIYはこちらからもどうぞ↓

↓その他おすすめDIY記事もこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました