【新車】200万以内で乗れる!高燃費・高コスパカー13選!〜前編6台〜

みなさんこんにちは〜

車大好きで将来はレクサスに乗るのが夢

はるのひ夫婦の夫ハルです^ ^

この記事では

通勤や休日にどうしてもクルマが必要

クルマは移動手段、できるだけ安く済ませたい

という方のために

200万以内でも新車に乗れる!?高燃費で高コスパな車13選!!

をご紹介します(^^)v

クルマは買って終わりじゃない、買ってからの維持費が大変

みなさんは車を選ぶ時

車両本体価格だけをみて購入するかどうかを決めていませんか?

もちろんクルマを選ぶ際、最も大きな基準となるのは車両本体価格でしょう。

しかし、クルマは買って終わりじゃありません。

買ってからが始まりなのです。

このいわゆる維持費と呼ばれる費用が

家計を苦しめることになり

若者のクルマ離れを加速させているといいます。

実際に、最近のクルマ離れに関する調査を各自動車関連企業が行っており、

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)

が実施した「車」に関するアンケートによると(https://www.google.com/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000288.000044800.html)

出所:日本トレンドリサーチ

車を持ちたいと思わない理由の約6割が

お金が掛かるから

という理由で持たないと回答しています。

出所:日本トレンドリサーチ

また、同調査にて

車を持ちたいと思わないと回答した方に

車に掛かる費用の中で、 最も「ムダ」「損」だと思っているものを聞いてみたところ

一位が税金、二位が駐車場代で合計で50%以上を占めていたそうです。

これらのことからも

購入費よりも維持費が気になる

という方がたくさんいるということ。

ならば、維持費ができるだけ少なくなるクルマがあればどうでしょう。

是非取り入れたい!と思う人も少しは増えてくるのではないでしょうか。

そこで本記事では、200万以内で買えるクルマの中からさらに燃費がいいクルマをピックアップしてみました!

燃費がいいとガソリン代が安く済むだけでなく

環境性能が評価され

自動車税の減免を受けることもできます。

価格、燃費の二つが揃ったオススメ車種をご紹介しますね♪

車種別おすすめ13選

それではいよいよ

おすすめ車種の紹介をしていきます!

200万円以下と言えば

まず軽自動車を思い浮かべると思いますが

車両比較がしやすいように

今回は軽自動車はあえて省かせていただきました。

普通自動車のおすすめ13車種をご紹介していきます!

ちなみにここでご紹介する燃費は

JC08(ジェーシーゼロハチ)モード

↪︎日本独自の測定モードで実燃費の約3割増と言われている。

WLTCモード

↪︎世界基準の測定モードでJC08に比べより実燃費に近い基準と言われている。

の二つの指標を用いて説明します。

コンパクトカー

1.トヨタ・アクア

出所:トヨタ自動車公式HP

まずはコンパクトカー第一号!

トヨタのアクア!!

今回ご紹介する車の中で最もコスパに優れた

全グレードハイブリッド仕様の燃費モンスターです。

出所:トヨタ自動車公式HP

こちらはエントリーモデルのLの詳細ですが

価格が税込で¥1,818,300!

それでいて燃費はWLTCモードで29.8km/L!!

このあとの車を見ていただくとわかるのですが

この燃費は常軌を逸しています笑

とにかく安く!車として使えればいい!!

という方にはベストすぎる一台です。

公式サイトはこちら

2.ホンダ・FIT

出所:Honda公式HP

コンパクトカー二台目は

これまた定番のホンダFIT!

昨年フルモデルチェンジを行い大々的にデザインを改良した

話題のクルマです!!

このFITシリーズは今年で20周年になるそうで

長い間ファンに愛されているクルマですね。

私もタイムズでよく旧型のFITを借りるので

取り回しの良さ・そしてコンパクトカーとは思えない室内の広さ

が人気のクルマです。

上図はエントリーモデルとハイブリットのエントリーモデルを比較した表になります。

ガソリンモデルはトヨタのアクアよりお安く購入ができて

ハイブリッドモデルでも¥2,000,000以内で購入することができるので

税金・燃費を考えると少し高いハイブリッドモデルも十分検討の余地があると思います!

公式サイトはこちら

3.マツダ・マツダ2(旧デミオ)

出所:マツダ公式HP

3台目はマツダ2!

先代モデルはデミオという名前で親しまれてきた

マツダのコンパクトカーです。

マツダは他社メーカーと違い

ハイブリッド車は作らない代わりに

クリーンディーゼル車を上位グレードに備えたグレード展開になっていて

このマツダ2もガソリンモデルからディーゼルモデルまでのグレード展開があります。

ガソリンモデルの燃費はとてもいいとは言えませんが

特筆すべきはディーゼルモデルの燃料代の安さです。

ご存知の通り、ディーゼル車は軽油で動きます。

経由はレギュラーガソリンに比べ1L当たり50円ほど安い時もある程

軽油で動くというだけでとても経済的です。

また、マツダ2はクリーンディーゼル車ということもあり

ガソリンモデルよりも燃費がいいため

使い方によっては他社ハイブリットよりも維持費が安くなることもあるでしょう。

公式サイトはこちら

ハイトワゴン

4.スズキ・ソリオ

出所:スズキ公式HP

続いてはハイトワゴンから

スズキ・ソリオのご紹介!

こちらも言わずと知れた人気車種で

タイムズカーシェアの初心者でも乗りやすいクルマランキングで

一位に輝くほど取り回しのいいクルマとして人気があります。

気になる燃費は

出所:スズキ公式HP

ガソリンモデル(右)が19.0km/L、ハイブリッドモデル(左)が19.6km/L

とまずまずの数値でしょう。

しかし、ガソリンモデルの価格が¥1,581,800と

他社のクルマに比べ圧倒的に安く済むのは魅力的です。

取り回しの良さと導入費用の安さから

初めての一台にもぴったりかもしれませんね♪

公式サイトはこちら

5.三菱・デリカD2

出所:三菱自動車公式HP

5台目は三菱・デリカD2!

実はこちらのクルマは

先ほどのソリオのOEM車といって

スズキからの技術提供を受けて作られた

ほぼほぼ同一のクルマになります。

ソリオの写真と見比べると、見た目が瓜二つですよね。

ただし、こちらのデリカD2はハイブリッドモデルのみの展開になります。

エントリーモデルは

出所:三菱自動車公式HP

先ほどのソリオのハイブリッドモデルと燃費が同じですね。

価格は少しだけ高めの¥1,883,200からとなっています。

ただ全く同じクルマというわけではなく

装備しているものやシートなどもラインナップが異なるので

ソリオを検討されている方は

こちらも候補に入れてみてもいいかもしれませんね♪

公式サイトはこちら

セダン

6.トヨタ・カローラアクシオ

出所:トヨタ自動車公式HP

続いてセダンタイプから

トヨタ・カローラアクシオのご紹介!

こちらはトヨタの人気シリーズカローラのセダンタイプモデルになります。

コンパクトカーより広い室内と

質感がより上質になっているので少しお値段もお高めの設定になっています。

とはいえガソリンモデル(左)の価格はソリオのハイブリッドモデルよりも安く

燃費もいいので、さすがトヨタ車と言わざるを得ない性能を誇っています。

また、少し200万円を上回ってしまいますが

ハイブリッドモデルになると燃費が大幅に向上し

アクアなどとも遜色のない程度になります。

セダンタイプのクルマが好きで燃費も抑えたいという方は

大いに検討の余地があると思いますよ♪

公式サイトはこちら

後編に続く

みなさんいかがだったでしょうか。

まずは前編として6台のクルマをご紹介しました。

とても魅力的なクルマたちなので

これだけでもどのクルマにしようかなと迷ってしまうほど…

しかし!

まだまだ魅力的な高燃費・高コスパカーがありますので

後編の7台もどうぞお楽しみに!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました