【カメラグッズ】SONYのシューティンググリップGP-VP T2BTがVLOGに最適すぎる!

みなさんこんにちは〜

D.C.C.FUN LIFE管理人のはるです(^^)v

この記事では

カメラで動画やVLOGを撮りたい人
カメラで動画やVLOGを撮りたい人

デジタル一眼カメラ買ってこれから動画やVLOGをたくさん撮っていきたいんだけど、手ブレが気になってうまく撮れないんだよね…

ジンバルはハードルが高いし値段も高いからなかなか手出せないんだよね…

という方のために

YouTubeでVLOG公開中のはるのひ夫婦
YouTubeでVLOG公開中のはるのひ夫婦

私たち夫婦がYouTubeでVLOGを撮るときに愛用しているSONYのシューティンググリップをご紹介!

私たちもカメラを始めてまだ数ヶ月なのでジンバルを買うハードルに勝てず悩んでいました。

そこで見つけたのが今回ご紹介するSONYのシューティンググリップGP-VPT2BT!

ミニ三脚やリモコンとしても使える超優れものなので初心者にもめちゃめちゃ使いやすい!!

そんなアイテムを紹介していくのでぜひ最後まで見てみてくださいね(≧∀≦)

私たち夫婦が使っているカメラやおすすめのアイテムはこちらからどうぞ♪

それでは本編へLet’s Go!

SONYのシューティンググリップGP-VPT2BTって何?

出所:amazon

まずそもそもシューティンググリップってなによ?

と思った方も多いのではないでしょうか。

そんな方のためにSONYのシューティンググリップGP-VPT2BTって何よ?

というところを簡単に説明していきたいと思います!

今回ご紹介するシューティンググリップは

一言で言うと、短い自撮り棒のようなものです。

この赤い丸の部分にカメラを固定するためのネジ(雲台)が付いていますので

ここにカメラをセットして使います。

主な使い方としては

画像のように自撮り(VLOG撮影)に使ったり

キッチンや何か作業をしている状態を撮りたい時に便利なミニ三脚とし使ったり

ローアングルからの撮影を快適にするために使ったりと

あると何かと便利な機能を備えています。

特に、三脚などでは微妙だしカメラ直接持つと手ブレするしなぁという場面など

かゆい所に手が届く機能が盛りだくさんのアイテムなんです!!

この後詳しくご紹介しますが

このシューティンググリップにはシャッターボタンや録画ボタンなど

カメラを直接操作しなくても撮影できるので

カメラを取り付けなくても、遠隔操作ができるリモコンとしても使うことができます。

これさえあれば何かと便利になるアイテムで

特にvloger(vlogを撮る人)には必須アイテムと言っても過言ではないでしょう!

ここがすごいよGP-VPT2BT!

シューティンググリップがすごい使えるアイテムなんだなということがわかりました。

でもそんな使えるアイテムならいろんなメーカーが商品を出していて

SONYの中でも色々あるんでしょ?

と疑問に思う方も少なくないでしょう。

そこで、今回紹介しているSONYのGP-VPT2Bがどんな所が優れているの?

というところを忖度なしでまとめてみました!!

逆にこういう機能があればもっと良いのになぁというのも使っていてありましたので

購入時の参考にしていただければと思います!

ここがすごいよ①:アングルが自由自在!カメラをつけたままで角度の調整が簡単にできる!!

出所:SONY公式HP

GP-VPT2Bは

カメラを取り付ける雲台と呼ばれる部分が上図のような構造になっているので

重いカメラでも台に乗せながら片手で固定できてしまうほど

取り付けが簡単にできます。

これだけでもすごいのですが

カメラを装着した状態でのカメラの角度調整の操作性が非常に優れているのも大きな特徴です!

普段は安価な三脚を利用しているので角度調整のネジなどが若干硬かったり

思った所で固定できなかったりするのですが

このGP-VPT2Bは全くそんなことがなく

グリップ本体よりも重いカメラを軽々支え、好きな角度で固定することができます。

それを可能にしているのが、上図の

「回転ボタン」「角度調整ボタン」「調整ノブ」の三つの機構。

出所:SONY公式HP

「回転ボタン」はカメラを固定した雲台を90°単位で回転させることができます。

この回転ボタンを使うことで、VLOGを撮っている時に自撮りから景色撮りに切り替えるのが簡単になります。

「角度調整ボタン」は雲台の地面に対しての角度を変えることができるボタンです。

こちらも等間隔(具体的な角度は分かりませんが細かく調整ができます。)でカチッと止まるような機構になっているので

簡単に固定することができます。

「調整ノブ」は上図にも説明がありますが、角度調整ボタンの動かしやすさを調整するネジのようなものです。

軽いカメラなど固定する力がそこまでいらないカメラから、フルサイズカメラのような重たいカメラでしっかりと固定する必要があるカメラまで

この調整ノブを開け閉めすることでカメラの重量やバランスにあった状態で角度調整をすることができます。

以上の三つの機構にそれぞれ共通しているのが

ある程度決まった角度に固定できるように設計されていることです。

普通の三脚や自撮り棒では基本的に角度調整をするために動かす軸ごとにネジが付いていて

そのネジを緩めて好きな角度に調整するという、容易に決まった角度で固定できない機構になっています。

しかしこのGP-VPT2Bではネジではなくボタンを採用することで、毎回決まった位置に固定することが可能になっているというわけです。

決まった位置に固定することができると、毎回の撮影時に角度調整する手間が省け

撮影の準備がとてもスムーズになるのでとても助かっています(^_^)v

ここがすごいよ②:もうケーブルは絡まりません!Bluetoothで快適ワイヤレス接続!!

出所:SONY公式HP

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが

このアイテムはカメラとBluetooth接続をすることができます!

SONYで販売されている別のシューティンググリップや他メーカーが販売しているものは

値段が安ければ大体のものがケーブルをカメラに繋いで操作するというものになります。

ケーブルで接続するのは悪くないのですが

撮影時にどうしてもこのケーブルが邪魔になってしまい

下手をすると撮影時に写真や映像の中にケーブルが映り込んでしまうなんてことも考えられます。

また、ケーブルで接続することでカメラとグリップとの着脱の手間が一つ増えることになるので

操作性も落ちてしまいます。

また、ケーブルがあるとカメラを装着したままだとカバンなどに収納する時にかさばったりと

何かと不便になってしまいますよね。

そして、Bluetooth接続のメリットとしてもう一つ挙げられるのが

カメラを装着しなくてもワイヤレスのリモコンとして使用することができること。

動画撮影だけでなく、集合写真など離れた場所からカメラを設置してシャッターを切りたい時に

このグリップをBluetooth接続しておくだけで手元で簡単にシャッターを切ることができます!

集合写真やツーショットなど、観光名所の写真スポットなどでも役に立ちそうな

便利な機能が満載の素晴らしいアイテムなのです!!

ここがすごいよ③:豊富なボタンで操作性抜群!VLOGが快適に撮れる!!

出所:SONY公式HP

最後のすごいよポイントは、少し最初の二つのポイントと被ってしまいますが

小さい本体にバランスよく配置された操作ボタンの豊富さです!

シャッターを切るPHOTOボタンや録画を開始するMOVIEボタン

ズームレンズ装着時のレンズのズーム機能を手元で操作できるズームボタン

カメラ本体のC1ボタンにセットした機能を呼び出すことができるC1ボタン

といった感じで、撮影時に必要な操作を手元で完結できるのです!

もちろんBluetooth接続なので、遠隔操作のためにこれらのボタンを利用することもできます。

高いジンバルなどは機能が多い分操作ボタンがたくさんあって

操作が煩雑になりすぎてしまうこともありますが

GP-VPT2Bくらいのボタンの数であれば

普通にVLOGを撮ったり、ローアングル撮影を楽しんだりする分には必要十分な機能が備わっていると言えます。

また、ボタンの位置もグリップを持った時にちょうど親指で操作しやすい位置に配置されているので

操作性も抜群です!

ここは残念①:電源が充電式ではなくボタン電池式…

さてここからは残念ポイントですが

一つ目は、電源が受電式ではなく

しかも普段あまり使わないボタン電池という所です。

大した電力を消費しないので電池の寿命は長いかもしれませんが

やはり今の時代に電池を買うというのは少々手間なので

贅沢な悩みかもしれませんが、充電式であるともっと素晴らしい製品だったのかなと感じています。

ここは残念②:バランスを取ると仕方ないが、グリップ部分が少し短い…

残念ポイント二つ目は

手で持つグリップの部分が少し短いという点です。

ミニ三脚として使うことや、手の小さい方も使うというところでバランスを取っているのだと思いますが

成人男性が持つにはやはり少しだけグリップが短いのではないのかなと感じます。

使用していて、特に操作性が悪いといったことはありませんが

重たいカメラをこのグリップのみで支えなければいけないことを考えると

もう少し長めに設計しても良いのではないのかなと感じました。

まとめ:ジンバルを買うのがハードル高い人はマストアイテム!

みなさんいかがでしたか。

今回はVLOG撮影がとても便利になる

SONYのシューティンググリップGP-VPT2Bをご紹介しました!

動画を撮影していくにあたってジンバルを買おうかとても迷っていた時にこのアイテムに出会い

現在もVLOGを撮る時に重宝していますので

ジンバルは高いし、撮影も初心者だからまだ少し手が届かない…

と思っている方にぜひおすすめしたくて記事にまとめてみました!

もちろんこのシューティンググリップも1万円ちょっとするので、決して安いわけではありませんが

ジンバルを買おうとすると最低でも2~3万円以上はしてくるので

まずはこのシューティンググリップで動画の撮り方を覚えたり試してみたりして

慣れてきたら本格的なジンバルを買ってみようかなという考えはアリだと思うので

ジンバルを買おうか迷っている方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

SONYのシューティンググリップGP-VPT2Bはこちらからチェック↓

SONYの商品紹介ページはこちらから。

はるのひ夫婦が使用しているカメラSONYα6400はこちらからチェック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました